2004年07月13日

年下の気軽さ

kimipe10きみはペット10巻発売。
マンガ大好き☆ミ

付き合うなら絶対年上がいいわ。と思いながらも
どんどん年をとるにつれてちょうどいいなと思うぐらいの年の人はみんな結婚していたりと悲しい思いをするようになるのです。

私はといえば、若かりしころは20歳位上の男の人とも付き合ったし
5歳ぐらい年下の男の子とも付き合った。
どっちがいいなんてことは断言しないけれども
年上の安心感も捨てがたいし、年下の気軽さも捨てがたい。

きみはペットは小雪と松本潤でドラマ化された話だけれども
すんげー簡単にあらすじを言うと
可愛い年下の男の子が強がっている女の部屋に転がり込んで
その彼女を癒してあげるという話です。(簡単すぎ?)


年をとるうちにいろんなことに傷ついて
“あぁーもうきずつきたくなーい”と思うと
そういう傷つきたくない色んなのを守ろうとするために
周りにどんどん依怙地の殻をかぶっていき
強化された殻はちょっとやそっとじゃやぶれなくって
自分でもその殻の中には何が入っているかわからないけれども
もう見たくないから自分から殻を破ることはしなくなっちゃう。

年下の彼の気軽さは、彼もまだまだだから自分がちょっと失敗したって笑い飛ばせるって事なのかしら。
依怙地の殻で包まれた弱い自分も外に出せたりするのかもしれない。

なんて、いいながらも
結局は年とかじゃなくてその人なのだけれどもね。
posted by うり at 14:31| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今晩は。
ドラマ「きみはペット」毎回欠かさず見てました。
最初は松本潤が嫌で嫌で仕方なかったのですが
主人公の小雪と自分を重ね合わせて(見てくれが全く違うというのに)
よく涙したものです。

今まで年下と付き合ったこともないし
まず合わないだろうと思っていたのですが
何故か最近「あんたには年下が合うよ。」と
よく言われます。


※「東京タワー」のコメント気がつくの遅くて
ごめんなさい!でも嬉しかったです。
Posted by さっちん at 2004年07月13日 20:28
私も松本潤は全く好みじゃないのに何故か感情移入しまくりでした。甘えられたらものっすごく可愛がってしまいそうです。
Posted by うり at 2004年07月14日 11:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294756
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: きみはペット『きみはペット』は、小川彌生の漫画作品。2000年より講談社の漫画雑誌『KISS』にて連載を開始し、2005年に完結した。2003年、東京放送|TBS系でテレビドラマ化された。2003年、..
Weblog: このマンガが読みたい!
Tracked: 2007-10-15 21:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。