2005年09月21日

パーフェクト賞!

【Yahoo!ニュース】野々村真初のパーフェクト賞で記念パーティ
野々村真が、20年レギュラー出演している”世界ふしぎ 発見”で初の全問正解をしたので、帝国ホテルにて記念パーティが開かれた

20年もパーフェクト賞とってなかったのか…意外…。
こうなれば、笑点の大喜利で、山田くんが座布団の上に座らせてもらえる日もちかいのでわ!?
posted by うり at 14:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

永遠の現役で

【excite】来年には引退? ベルリンの売春婦63歳
ermeni_na.jpg
ベルリンの外交地区を縄張りに49年のあいだ売春婦として働いてきた女性が、来年64歳の誕生日を迎えるにあたって引退を考えているという。

ベルリンの壁が崩壊し、さびれた袋小路が再び東ベルリンに繋がった結果、地価が上昇して売春婦たちはこの地域を離れるよう命じられた。しかしさんはここに留まることを許されたという。

「私には馴染みのお客さんがたくさんいます」ドレさんはビルド紙に語った。ブロンドで赤いミニスカートに白いハイヒールのブーツを履き、日本大使館のそばに立つ写真が添えられている。料金は30ユーロ(およそ4千円)で、調子のいい夜には4人から5人のお客を取るという。

「64歳になったら引退します」毎晩、夜のニュースが終了したあと、夫が車で彼女を仕事に送る。また彼女には9歳の孫娘がいる。

おばあちゃん…。
一晩に4,5人って…。売れっ子じゃぁ。
どうせなら、米寿までがんばっていただきたい。
posted by うり at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

飛ばしの遺伝

alexisspitting.gif【Yahoo!News】さくらんぼの種飛ばし一家
“ヤングガン”と呼ばれているBrian Krauseは、さくらんぼの種飛ばしのチャンピオンとして知られているが、ここ最近、彼の息子が国際さくらんぼの種飛ばし大会でCole Krauseが少年少女の部で大会史上最年少のチャンピオンとなった。3歳の彼は、12フィート4インチ(約3.76m)の記録で優勝。ちなみに父親は、50フィート4インチ(約16.25m)で優勝した。父親は、93フィート6インチという世界記録も持っている。
ちなみに、“ヤングガン”の父親の“空気銃”Rick Krauseも世界記録保持者だった。ちなみにRickは、この大会でやはりさくらんぼの種を飛ばしていた女性と知り合って結婚してこの息子を産んだとのこと
小さい頃、スイカがとっても好きで…スイカをたべるとわざわざ庭にいって
種をぷいぷい吐き出していました。
庭中にスイカがなったら食べ放題だ!と子供ながらにもくろんでいましたが
いつまでたっても庭がスイカだらけになることはありませんでした。

posted by うり at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

おなかの中のジーザス

【The Sun Online】超音波検査でキリストの影
おなかのジーザス
妊娠中に病気となり超音波で検査をしたところ、胎児がキリストに見えた!!その後、妊婦は高血圧などに悩まされたが無事出産。母親は、「この子はきっと特別なのよ」とコメント


こういう影とかに、マリアやキリストを投影するのが好きですね。
ちょっと前にも、トンネルのシミをマリアと見立ててみなが祈っていたニュースがありましたね。
かくいう日本人も、石に人間の顔に見立てたり、魚の模様に人間の顔を見立てたりとして大騒ぎしていましたね。

物を見るとき、人間というのはカメラがその場の写真を撮るように見るのではなく
どう見たいのか?何をみたいのか?と見る側の要因にも大きく左右される。

私には、きっとこのエコーの写真を見てもきっとキリストには見えないでしょう。
妊娠中の病気を抱えた妊婦さんなら、この写真を見てキリストに見えるというのは
なんとなく納得が行く気もします。
posted by うり at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月07日

家より選ぶ居場所

【Ananova】恐妻から逃げるために選んだ場所 刑務所






旦那は、駐車違反の罰金を払うより小言の多い妻から逃げるために刑務所に入ることを選んだ。
47歳になる男は、55ユーロの罰金を払うか、払わなければ10日間の刑務所に入るかという状況であった。
警察は、“電話をかけてきて刑務所につれてってくれといわれたとき呆然としたね。”という。
“彼は、常につづく妻の家での小言にこれ以上耐えられそうにない。僕は、刑務所の中で少しの平穏と静けさが欲しいんだ”と警察に言った。

悲壮・・。
そして、10日間の刑務所での平穏を終えてまた騒音の日常に・・


posted by うり at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月05日

傘の先端傷害事件

【The New Zealand Herald】傘の先端傷害事件
4人の少年が、クラスメートのお尻を傘の先端でさして逮捕!その事件はお昼休みに起こりました。
以前にも似たような事件はあり、その際に使用されたのはホウキの柄でありました。しかし、今回の場合はその事件より明らかに深刻であると警察は報告した。
2001年にほうきの柄で起きた事件の場合は、7人の少年が一人の少年を押さえつけホウキの柄をお尻にさした。その場合は、少年たちは刑務所に送られることになった。
今回の場合、事件にあった少年は教師にすぐ報告することをしなかった。少年は公式に申し立てをすることを拒否したが、学校側が警察に連絡をとり事件について調査するように依頼をした。事件を起こした4人は、違う学校に転校した。
学校がは、「傘で、お尻をさすというような行為は許されるべきことじゃありません!」と1150人の生徒の前でいった。
被害にあった少年はカウンセリングを受け、学校に戻りたいと言っている。
他の高校に転校した4人の生徒は「あのような行為はゆるされるべきではない。」と反省している。


傘はまずいだろう!傘は!
カンチョウをするのなら指。両手を組んで人差し指でカンチョウ!
これが基本でしょ。
間違ってるから。もう傘なんてありえない。肉弾戦を要求します。
昔、私の友人のおばかな男子たちがボーリングで負けたほうが
カンチョウなんてことをしておりました。
渾身の力を手に込めてカンチョウ。そして、カンチョウされた側は
臀部骨折(たぶん、手の甲が激しい衝撃で当たった模様)。
カンチョウした側は指骨折。なんてこともありました
やりすぎには注意。




posted by うり at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月01日

スーパーマンという名前の男の子

【BBC】スーパーマンという名前の男の子
スーパーマン



両親は自分の息子に、漫画のスーパーマンの名前を
つけようとしたが、政府は今後子供が成長した際にいじめられる可能性が
あるとの理由で拒否した。

しかし、ターザンやバットマンがゆるされているのに何故?スーパーマンは
だめなのか?と両親は言う。
このため、このような法律をかえるために運動が行われる
スエーデンの法律は、一貫性がなく、理解しがたいものが多いと活動家たちは説明する。
バットマンの名前の使用は許可が得られているが、スーパーマンなどの名前は
オフィスから許可をとっていないということも理由に挙げられる。
結局、スエーデンの裁判所では、Staalmanという名前をスーパーマンのあだなのようにした。
両親は、Staalisと息子を呼ぶことを拒否し、スーパーマンという意味である
Staalmannenと呼べるようにもう一度審理するという。


スーパーマンなんていやじゃんねー。
もっとかっこいい名前いっぱいあるじゃんとおもいます。
スーパーマン大佐!スーパーマン軍曹!スーパーマン先生!
スーパーマン男爵!
とかってかっこ悪いよね?とおもいます。
日本の悪魔ちゃんとかもありましたね。悪魔先生。悪魔男爵。あ、これはかっこいいか・・
posted by うり at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月30日

脱毛症男性の「クラブ」誕生

【CNN.co.jp】脱毛症男性の「クラブ」誕生
北京(ロイター) 中国の広東省、広州市南部にこのほど、抜け毛に悩む男性のための「クラブ」が、国内で初めて誕生した。国営・新華社通信が24日、報じた。クラブの関係者によると、「脱毛症患者が、国内外でこれまで受けた有効な治療法などの情報を、お互いに交換する場」を設けたかったのが動機。
国内では、25―35歳の男性人口の4割、約1億5000万人が薄毛の人で、その原因の多くが経済成長に伴うライフスタイルの変化や、結婚や就職、転職などで心がいつも緊張状態にあるためともしている。


いろんなところでもう出てるのですけれども気になってしょうがないです!
どんなクラブなのかを必死にさがしてみたものの見つからず・・無念です。
だれか情報を!

posted by うり at 16:19| Comment(0) | TrackBack(8) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月29日

勘違いの缶違い

【HAARETZ.com】フォアグラとして売られたドックフード
フォアグラとして売られていた80,000缶のドッグフードを政府は押収した。これらは、元々ブルガリアで生産された"犬のための鶏肉"というドックフードであった。これれらのドックフードには二つの偽者のラベルが貼られた。一つは“家庭用鳥の肝臓 生産者:S.E.Grenot 原産地:フランス"、もう一つは“フォアグラ。生産者:Lovmit General Toshevo”のラベルが貼られた。
政府は、消費者にこれらのラベルのついた缶詰は食べないようにと警告している。政府はこれらの缶詰がすでに出回ってないかを調査している。
食物の専門家は、“このような製品は、人間に害がないとは言い切れない。重大な微生物的な病原体が含まれている可能性も否定できない。”という。
政府は、刑事責任等を調査している。偽造は重大な罪だと考えている


なんか、都市伝説でマ○ド○ルドのハンバーガーのお肉はカエルだって噂を聞いていたのですがミミズだったり、猫だったりいろいろあるのですね。
あと今でもちょっとだけ信じてるやつがあったりするのですよ。
ピンクのナンバーを1日10個見かけるとハッピーなことがあるってね。

【関連記事】
生ゴミでできたもの
posted by うり at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月27日

ゴム人間

【New.com.au】ゴム人間記念
ゴム人間ゴム人間(彼は、世界一伸縮する皮膚を持っている)こと、Garry Turnerは、ギネス世界記録の50周年記念を促進するために彼の才能を実証しました。


えーひさしぶりに更新すれば、びっくり人間ばかりで・・申し訳ない。まともな記事も読んでるんですよ!と弁解してみたりあんまりぴんとこなくて結局びっくり人間・・。
posted by うり at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月17日

警察官いっぱいのバス

【REUTERS】警察官でいっぱいのバスが強盗に遭遇
リオデジャネイロで、46人の警察官が乗っているバスが強盗にあった。警察官たちはスポーツ大会に参加するためにそのバスに乗っていた。"非武装の警察官たちは、武装している強盗たちに、カメラや携帯電話、財布、ユニフォームや靴を根こそぎ盗まれた。強盗たちは、多分バスの中すべてに警察官がいたということは知らないだろうという。もし、知っていたとしたらそのことをしっていたら強盗などしなかっただろう"とスポークスマンはいう。
"警察官が強盗にぬすまれたという不名誉な事実のためとというわけではないけれども、私たちは、彼らを探しています。"

大失態。46人も警察官がいてやられるなんて。
絶対、名誉のために!あいつらを絶対つかまえるぞ!
みたいな踊る大捜査線状態になっているはず。
posted by うり at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月16日

レンブラントの目

【CNN.com】レンブラントの目は斜視だった。
レンブラント







36枚の自画像を分析した結果レンブラントは斜視だったことが分かった。
しかし、この目の特徴がレンブラントが絵を書くにあたって3次元の世界を2次元の絵を描くのに役立ったといえる。
“この一般的に障害とよばれる特徴が、この領域にぴったりだった”とハーバード大学の教授は言う。
“距離感覚の欠如しているけれども、違う才能のたの生物学的な基礎だと言う考え方が好きです。"と付け加える。
彼らは、36枚の自画像から23〜24枚は、右目は右をみて左目が真ん中を見ていると言う。画家は、鏡を左目で見ながら自画像を書いている。レンブラントの場合、中心より10度通常より斜め向いている。
レンブラントは、たぶん立体はみれなかっただろう。しかし、人口の4%の人がこの問題を抱えているといえる。


そんなことまでわかるのね。
絵を見に行くのが好きなのですが、結構書いているときの心理とか想像するのが好きです。
秋ですしね。石焼き芋でも食べにいきますか。
posted by うり at 15:26| Comment(2) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月09日

蠅からエネルギー

【News.com.au】蠅からエネルギーを供給するロボット
自身のエネルギーを蠅を食べることによって力とするロボットがイギリスの科学者によって開発されている。
このアイデアは、蠅をつかまえ消化し特殊な燃料細胞が昆虫の骨の中の砂糖を分解し電流を放つことによってことによって電気は供給される。
このロボットは、人がいけないような危険な地域や病院がない地帯、軍事視察等に使うことができるだろうとNew Scientistに報告されている。
現在、ロボットの開発をおこなっているチームは、ロボットのいくつかのプロトタイプのために蠅を養殖しなければならない。

ロボット!とうとう虫までたべるようになるのか!
蠅を消化したあとの排泄物はどうなるのでしょう・・
ロボットをメンテであけたら蠅のカスだらけなんて
すごい気持ち悪いんだけど。
posted by うり at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月07日

オートバイの無用

【Ananova】オートバイ用エアコン
イスラエルの発明家バイク用の世界初のエアコンであるというものを設計しました。
物理学者のGlen Guttmanはその装置は技術的にはとても単純なものであるという。
しかし、"簡単なアイデアのようなものはどれも、思いつかなければならないし実行しなければならない"という。

そのバイクは、通常のバッテリーで動く電気装置を装備しバイクジャケットの下に身につけられたベストに冷たい空気を注ぎ込む。
Guttmanはバイク用のエアコンは小さく軽量でバイクの小物入れに収納される。
そして、ゴムのチューブでバイクを運転している人とつながる。

このシステムの開発に$278,000かかった。
彼は、来年中頃には市場にこのオートバイエアコンを広めていきたいという。
しかし、彼は自分でこの装置をテストしていないという。
なぜなら"私の投資家たちは私にオートバイに乗って欲しくないという。私は安全に存在する確証が欲しいのだ"と

舘ひろしがあぶない刑事でこんなものをつけていたらドンビキです。
体からチューブとか出てたら全然ダメなのです。
バイクに乗っているやつが暑いだの寒いだのいっちゃだめなのです。
そんなのだめです。なんだかわからないけど絶対ダメなのです。
そこのところをちゃんと分かって欲しいです。

posted by うり at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月04日

屋根への落し物

【News.com.au】灰が落ちてきた
人の遺灰が家の屋根におちてきたなんていうのはあんまり歓迎したくないものである。
46歳の男性がなくなった。その後彼は火葬をして、遺灰をMountain View Memorial Gardensにまいてほしいと遺言を残した。家族は、その日のために小さな飛行機を借り山の上を迂回していると遺灰を持っていた家族の手がすべりカバンが落ちてしまった。するとちょうどそこの場所の近くのうちのBarbara Vreelandの屋根に落下。Vreeland夫人はちょうどその時キッチンにいた。
その時のことをこういう。
「すごい音がしたわ。小さな爆弾が落ちてきたのかと思った。」
灰が落ちてきたときの衝撃であいたVreeland宅の屋根は、灰を落とした家族によって修理された。


大事な遺灰をつるりとすべって落とすなよ!
まぁ、えてして落としちゃいけないぞいけないぞ!と
思っているときには落としてしまうものなのです。
昔に、友達の携帯が目の前にあってなんだか不安定な
グラスに入ったお酒を渡そうとしたときに
一瞬(落としたらだめだ。気をつけないと私)
なぞとかんがえてみましたら見事落としました。
携帯はおじゃんです。
あの瞬間は、今でもスローモーションのように
思い出すことができます。
きっと、彼らも遺灰が落ちていく瞬間はスローモーション
だったことでしょう。
結局、携帯はちょっとだけ弁償しました。くすん。
posted by うり at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月03日

目から鱗ならぬ

【BBC】目から鱗ならぬ・・
eyemilk







28歳のMr Yilmazは、鼻から牛乳を吸って
目から牛乳を噴出させるワザを身につけた!
その噴出はテーブルを超えるぐらいのもだった。
彼は、最近の自分の記録である2.795mを超えたいといいう。
"僕は、3年間ほとんど練習していた。100リットルの
牛乳を使ったよ。僕は、今牛乳なんて好きじゃないし、牛乳や牛乳製品をみるのもやだね"とYilmazは言う。

彼は、どうしてこのようなことをしはじめたのか、どうやってこの才能を発見したのか?

4年前、彼はプールで泳いでいるときに左目から泡が出てることに気づいた。
そして、すぐにまぶたの中の穴から泡が出ていることがわかった。
ちょうどそのとき、テレビでギネスを見てから、いけるんじゃないか?と考えだした。

この離れ業をやることはお勧めできません。
世界中の中でも何人の人かだけが肉体的にできるものであって
通常の人には難しいでしょう。

ギネス世界記録は、Yilmazが記録保持者だというまえにこのこの試みについて
立証しなければならない。


えっと。昔から目薬が嫌いなのです。
目薬をすると必ず喉辺りに目薬味がしてうぇうえ餌付いてしまうのです。
あぁ。つながっているのねーなんて実感。

しかし、何故牛乳なんだか・・・・
HoneySweetさりげなく復活であります。
posted by うり at 10:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月20日

離婚パーティ

【Yahoo!ODD!】離婚パーティ開かれる。
サウジの女性は、このたび暴力を振るう旦那との離婚を祝して公園にて4000$のパーティを開いた。
このパーティには、彼女の家族や友人があつまってこの不幸な結婚の終わりを祝した。
保守的なこの国では、離婚などということはめったに無いことで離婚に対して顔をしかめる人も多い。
彼女は、その公園にいた人たちに食べ物と飲み物を振舞ったと付け加えた。
イスラム教では、離婚は違法ではない。しかし、子供のことなどを考えるとまだまだ、不幸な結婚に留まることを選ぶ女の人もすくなくない

どこかの本で読んだことがあるのですが、イスラム教の場合、男性側が離婚したい場合"離婚"と3回繰り返して言えばいいという風に読んだ覚えがあります。
3回て!なぜ3回!
そういえば、流れ星が流れたときにも願い事3回いいますよね?なぜ3回?
3回なんて到底無理なんですけど。
わたしは、もちろん流れ星を見たら
簡単に"金、金、金"と唱えています。イエス!強欲!
posted by うり at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月17日

左利き用新聞

【Philly.com】左利き用新聞
Deb McCaslinが編集しているDaily Chiefはすくなくとも1週間左利き用の新聞となった。
通常の新聞の一番後ろのページがトップページとして印刷されていた。
McCaslinは、"国際左利きの日にあわせて発行した。"とのこと。"時々、楽しまないとね"という。
加えて、その日の新聞には左利き用の製品や、左利きの有名人の話などが掲載された。

私は、右利きなのです。右利きの人は大抵左利きにあこがれたりすると思うのですが、私ももちろん左利きにあこがれて授業中とかは、左利きになるべく訓練をつんだりしたわけです。しかし、左で一生懸命書いたノートは見るも無残なもので何の意味なしませんでした。
posted by うり at 21:14| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月16日

妊婦の格好をする男

【Ananova】妊婦の格好をする男が警察に捕まった。
ホンジュラスにて妊婦の格好をして物乞いをしていた男が捕まった。
彼は、2年間も妊婦の格好で物乞いを行っていた。
警察がその理由を聞いたところ、"実際に、妊婦が物乞いをしているところをみかけてすごいたくさんお金をもらっていたから。"
つづけて"彼は、妊婦の格好をすることによって通常の3倍のお金を手に入れた。男は実際に妊娠しないんだからずるいじゃないか"といっている。

妊婦の格好をしていたら捕まっちゃうっていうのは、やっぱり詐欺罪とかになるんですかね?
posted by うり at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月15日

二組の双子

【TBO.com】同じ日に二組の双子が生まれた。
100万分の1の確率で、同じ日に二組の双子が生まれた。彼女は男の子2人、女の子2人の四つ子を妊娠していました。34歳の誕生日に4つ子を出産。
彼女は1月に、体外受精を行いこの妊娠にいたった。
実際、子供が生まれたとき2組の双子だった。その確率100万分の1だそうです。
子供たちは、無事に生まれ呼吸器等をつけることもなかった。

大家族のテレビってよくあるじゃないですか?あれって、なんであんなの放送するのか私にはさっぱりわからないのですけれども、まえ、ちょろっと見ていた大家族2時間特集で
いきなり夫婦が離婚した!というのを見たとき衝撃的でした。
ナレーションで"スタッフの話では、もともとこの
夫婦仲がわるかった"なんて話をみたらガクガク。
以来、ちょっとそういうハプニングに期待してしまったりします。
posted by うり at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。